キャンパスライフ/学生生活と学校行事


年間スケジュール

学校の主な行事の年間スケジュールです。

全学年

1年生

2年生

3年生

4月

始業
入学式

入学式
赤十字救急法

各論2期実習
精神看護学実習

5月

春期振替休業

基礎看護1期実習Ⅰ
災害救護訓練

老年看護学実習1
老人ホーム実習

6月

スポーツ大会(水無月祭)

各論3期実習

7月

一日看護学生
夏季休業
海外研修

研修旅行(東京:日本赤十字社本社ほか)

各論4期実習

8月

夏季休業
オープンキャンパス

9月

基礎看護学1期実習Ⅱ

水上安全法

各論5期実習
災害看護論(災害救護演習)

10月

在宅看護論実習
精神看護学実習(施設)

11月

戴帽式

戴帽式

各論6期実習

12月

看護学生フォーラム
和赤祭(学校祭)
冬季休業

統合実習

1月

基礎看護学2期実習

2月

各論1期実習

看護師国家試験
スタディセンター

3月

卒業式

ディベート

卒業式


入学式(4月)
新入生が入学し、看護師を目指す仲間が増えました。
入学式


災害救護訓練(5月)
災害救護訓練-1災害救護訓練-2日本赤十字社第4ブロック合同訓練では傷病者役を演じました。今回の経験を生かし、災害に対する多くの知識を身に付け、多くの命を救うことのできる看護師になりたいと強く思いました。

スポーツ大会(6月)
スポーツ大会-2スポーツ大会-1毎年6月に行われるスポーツ大会は、先輩や後輩、先生方と交流を深めることのできるイベントです。学年間の垣根を越えて交流を深め、よりよい学生生活につながるようなきっかけとなる行事です。

研修旅行(7月)
研修旅行7月1日から4日間、研修旅行のため、日本赤十字社本社、日本赤十字看護大学、ハンセン病資料館、多磨全生園に行き、赤十字の活動やハンセン病の歴史について、学びを深めてきました。
また、自由時間には、ディズニーランドやスカイツリーなど、それぞれの行きたい場所を訪れ、友人と楽しい時間を過ごすことができました。
研修旅行を通して、沢山の学びを得たことで、看護の視野を広げることができ、とても充実したものとなりました。この経験を生かし、赤十字の看護学生としてさらに成長していきたいです。


海外研修(8月)
海外研修フィリピンの社会や歴史、医療、看護、福祉などについて知り、日本との違いを実感し、改めて、自分達の生活環境について考えさせられました。また、フィリピン赤十字社の活動を知ることで、赤十字の必要性を実感し、赤十字の一員であることの自覚と責任を感じました。研修で様々な体験をさせて頂き、視野が広がるとともに、一生の思い出となりました。


水上安全法(9月)
水上安全法-2水上安全法-13日間で、溺水者の救助方法や自身が溺れた時の対処法などを学びました。初めは上手く泳いだり、救出することが難しく感じましたが、だんだんと方法を理解することができ、最終日には上達することができました。赤十字の一員として、水上でも人々の安全を守っていかなければならないのだと学びました。

戴帽式(11月)
戴帽式とても厳かな雰囲気の中、戴帽していただきました。
今までの学校生活での苦しかったことや楽しかったことが思い出されました。これからも皆と切磋琢磨し,赤十字看護学生としてがんばっていこうと思います。

学生フォーラム(12月)
学生フォーラム-2学生フォーラム-1和歌山県内9校の看護学校の代表が会議し、企画・準備をして、このフォーラムを開催します。



スタディセンター(2月)
スタディセンター国家試験を終え、卒業式までの間、スタディセンターを行いました。「自己の看護観を発掘する」をテーマに、個人で、グループで取り組みました。
グループとして「わたしたちのめざす看護」をまとめ、発表し、活発な意見交換を行いました。




ディベート(3月)
3週間の病棟実習と終講試験などを終え、春季休業までの間、現代社会で注目されているテーマをいくつかあげ、肯定側と否定側に分かれ、グループワークを行い、ディベートに取り組みました。限られた時間の中で、計画的に調べ、意見を交わし、協力し合って進めることができました。

卒業式(3月)
(卒業生「答辞」より一部抜粋)
三年間の学校生活で得た貴重な学びと経験を、これから歩む看護師としての道のりの糧として大切にし、日々成長するという姿勢を忘れずにいたいと思います。