授業料・舎費などの振込みにあたって


入学生、在校生、保護者の皆様へ

●平成19年1月4日から、本人確認手続きに関する法令の改正*により、金融機関において10万円を超える現金**の振込みを行う場合には、本人確認書類の提示が必要となります。(ATMでは、10万円を超える現金の振込みができません。)

●10万円を超える授業料・舎費などの現金振込みの際には、振込用紙とともに、振込みの手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)をご用意のうえ、金融機関の窓口をご利用ください。

*マネー・ロンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて行われたものです。
**現金ではなく預貯金口座を通じて振込みを行う場合は、ATM・窓口のいずれにおいても、これまでと同様の手順・方法で振込むことができます。(口座開設の際に本人確認の手続きが済んでいない場合には、窓口で本人確認書類の提示が必要となることがあります。)

本人確認書類の提示がない場合には、金融機関では、10万円を超える現金による授業料・舎費などの振込みができません。
保護者の方などが、振込名義人(入学者、在校生)に代わって振込みの手続きを行う場合には、金融機関では振込の目的(授業料・舎費などであること)をお尋ねすることがあります。